2016年11月21日

終わってしまったのか…

昨日で、銀座のポーラミュージアムアネックスで開催されていた、
ギュスターヴくん展が終わってしまいました。
私はなんだかんだと合計3回行きました(笑)

ヒグチさんの原画の素晴らしさは、もう圧倒的で、
でも私には「凄い!」としか言葉が見つからないので、
ここでは、テディベア=ぬいぐるみを作る同業(?)であり、
何よりも友人である今井昌代氏についての感想を
とことん勝手に語りたいと思います(笑)

つい制作の過程に想像を巡らせてしまいます。
あれは大変だっただろうな〜
ヒグチさんの期待に応えつつの制作ですもの。
もちろん、ヒグチさんには今井さんに対する不安は無かったと思いますが。
今井さんが一人で感じていたであろう重圧は、
私には簡単に想像できます。
「心配要らないよ」ともちろん思いましたが、
本人の感じる重圧は、どんな言葉でも拭う事はできなかったでしょう。

それでも、あの素晴らしい展示空間に、サラッと存在していましたよ。
余裕すら感じたima nuncのぬいぐるみたち。
さすがです。
そして、ぬいぐるみ=テディベア作家というジャンルがあの展示に参加できた事に
同業者として勝手に誇りも感じました。

そう、誇らしかったんです(笑)
私の手柄じゃないのに、なぜか”私が”感じる誇らしい気持ち。
なんなんだ?これは(笑)

とにかく、あの夢のような空間は昨日で終わってしまいました。
私はメソメソと余韻に浸っていますが、
きっと今井さんは次に向けて歩き出しているのでしょう。

お疲れ様でした!
こりゃ叶わないわ〜って、引っくり返るような作家が友達なのは
私の自慢です。

そのうち会おうではないか!  ←忙しいのでなかなか会う事はできない(笑)

posted by 梅☆ZOO at 09:31| 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする