2008年08月20日

興味ある本










『誰も書けなかった死後世界地図』
ちょいと怪しいタイトルですが・・・
先日地元の図書館で、このシリーズの3があったので借りたのです。
結構面白かったし、何度も読み返したいと思ったのでご紹介。

イギリスの霊媒を通して、イタリア貴族の青年フランチェッツォが
死後辿ったあの世の事をいろいろ説明してくれるというお話です。

信じる信じないは人それぞれですし、先日も書いたように
こういう世界にどっぷりつかるのは危険だと思います。
でも、まだ3だけですが読んでみて「正しく生きよう」って思えたし、
理不尽な事件が多い中、多少の希望が持てました。

ちなみに江原さんの対談の本「あの世の話」と近いものがあると
個人的には思います。
posted by 梅☆ZOO at 20:48| Comment(2) | CD、DVD、書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ!これ!私もすっごく読みたかったんですー!
でも、あまりにも胡散臭過ぎて迷ってました。(が、それ故に読みたすぎて。。。。)
やっぱり読もうかな。
出版社も怪しげな感じでしたよね。
読みたいな。。。。
Posted by ヒロタ at 2008年08月21日 23:38
ヒロタさん
市立図書館に置いてあるくらいだから、
そう胡散臭いものでもないのかもしれません。
楽天ブックスで普通に手に入るみたいだし。
まずは1〜3まで図書館で借りてみます。
それで良ければ私、買っちゃう〜

3を読んだだけですが、ちゃんと映像も浮かぶような
描写です。おすすめ〜
Posted by 梅姉さん at 2008年08月22日 18:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: