2020年06月06日

新生活スタート

先日、無事退院し施設の方に迎えに来ていただきそのまま入居しました。
前日に契約を済ませたのですが、久々に事務的な事に長時間費やしたので
頭から湯気が出そうでした(笑) ※それくらい普段ぼんやりと生活してます

退院直後の母は、もう見るからにやせ衰えていて、かなりショックを受けました。
目も虚ろで覇気が一切無い。
急性期病院への入院だったのである程度は仕方ないと思ってはいましたが、
予想以上の衰えぶりに気落ちする私。

ホームに到着し、部屋に入るとワラワラとヘルパーさんや看護師さんが集まり、
清拭、着替え、バイタルチェックなどが行われました。
されるがままの母。 とにかく筋力が落ちているようで手も顎もガタガタと震えてる。
足を触れれるだけで「ひぃーーー」と痛そうに顔をゆがめる様子に
私はとにかく「本来はこんなんじゃないんだ」と何度も施設の人に訴えました。

現在、新型コロナウィルスの関係で面会は禁止なのですが、
入居日&荷物持ち込み時は部屋に入れていただきました。
安心できるまで毎日長時間付き添っていたいところですが、仕方ないですね。

入院時も病室に入れなかったので様子をたまに伺ったり
着替えを持って行くついでにちょこっと顔を見たりした程度だったので、
様子が細かくわからない分、気持ち的には病院に丸投げできていました。
ですがこんなに衰えてしまった母を見てしまったからにはもう心配で心配で、
ホームの方が格段に快適なはずなのですが、私の心配は逆に大きくなっています。

「どんな些細な事でも、そして何度でも聞いてくださいね」と言ってもらっているので、
本当に超細かい事でもなるべく聞いて心配を解消して、早く安心したいです。
母自身はと言うと、翌日にはだいぶ顔つきもリラックスしていました。
すでに3週間、家族のいない環境でいたわけですからね。

家で母を見ていた頃に、ケアマネさんや訪看さんに「よく世話をしている」的な事を
何度も言われていて、私的にはピンと来てなかったのですが、
今この私の心境を考えると、ああ、私って母に対して過干渉で過保護だなと思います。
心配性でもありますし。

様子を細かく知ってしまった分、私の心配に思う気持ちはまだまだ解消されませんが、
少しずつ心配に思う事を解消して、早くホームにお任せできるようになりたいです。

posted by 梅☆ZOO at 07:55| 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする